「ぬくもりと希望の空間~ 大銭湯展」

江戸東京たてもの園

poster for 「ぬくもりと希望の空間~ 大銭湯展」
[画像: 子宝湯浴室]

このイベントは終了しました。

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応のため、江戸東京たてもの園は令和3年5月11日(火)まで、臨時休園としていましたが、東京都の方針に基づき、5月31日(月)まで休園を継続いたします。

江戸時代に人々の憩いの場として広まり発達した銭湯は、時代とともにその姿を変えながら、今日まで存在してきました。足立区千住元町より当園に移築し、保存・公開している「子宝湯」(1929年)は、にぎやかな装飾と社寺建築を思わせる外観を備え、「東京型銭湯」の特徴を表す建物です。脱衣所の外に設けられた縁側と庭、浴室壁のタイル画や富士山のペンキ絵など、やすらぎを演出する仕掛けが随所に施されています。
平成そして令和へと時代が移り変わる中、銭湯は年々数を減らしながらも、人と人が交流する場として、私たちにぬくもりと希望をもたらし続けています。本展では、東京の銭湯の歴史をひもとき、銭湯が社会に果たした役割や変遷を紹介しながら、その魅力に迫ります。

第1期: 2020年6月2日〜9月27日
第2期: 2020年10月24日〜2021年1月31日
第3期: 2021年4月22日〜5月30日

メディア

スケジュール

2020年06月02日 ~ 2021年05月30日
9月28日から10月23日は休館、12月25日から1月12日は休館、3月19日は9:30〜16:30、3月20日は9:30〜17:30

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use