「GIGA・ MANGA 江戸戯画から近代漫画へ」

すみだ北斎美術館

poster for 「GIGA・ MANGA 江戸戯画から近代漫画へ」

このイベントは終了しました。

いまや世界共通言語となった日本の漫画=MANGA。その起源には、様々な説があります。本展では印刷文化が発展した江戸時代の諷刺表現である戯画を、現代日本で認識されている漫画的な表現の出発点としています。幕府の改革、幕末の動乱、近代化、社会の矛盾や事件、庶民の日常など、浮世絵の「戯画」は様々な事柄を時にユニークに、時に辛らつに伝えました。そして明治になり、新聞や雑誌など近代的ジャーナリズム媒体の誕生と共に「戯画」は挿絵へ、そして漫画へと姿を変え、漫画雑誌が刊行されるに至り、大衆が楽しめる新しい絵画表現として確立しました。本展では、江戸時代の浮世絵版画から明治・大正時代の諷刺漫画雑誌、昭和戦中期の子ども漫画等、日本の漫画の変遷を展覧します。
*戯画: 人物の顔や動物などを遊びの目的や滑稽さ、諷刺的な意味を持たせて描かれた絵のこと。

前期: 11月25日(水)-12月13日(日)
中期: 12月15日(火)-2021月1月3日(日)
後期: 1月5日(火)-1月24日(日)

メディア

スケジュール

2020年11月25日 ~ 2021年01月24日
12月29日から1月1日・1月12日は休館、1月11日は開館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use