「GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?」

東京都現代美術館

10%

off!

poster for 「GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?」

23日後終了

いわゆる「画家宣言」から40年。アーティスト・横尾忠則は、めまぐるしくスタイルの変遷を重ねながら、森羅万象あらゆるものをモティーフとして、おびただしい数の作品を生み出してきました。「GENKYO横尾忠則」東京展では、愛知県美術館で開催された同展をさらにパワーアップ。絵画を中心に、初期グラフィック作品を加えた500点以上の出品作品により、横尾芸術の全貌に触れることができる、最大規模の展覧会です。

「作品による自伝」をテーマに企画された「GENKYO横尾忠則」愛知展を、作家自身がリミックス。横尾忠則の総監修のもとに、出品作品を半分以上入れ替え、構成を根本から見直して、全く新しい展覧会として生まれ変わりました。新しい観点から語られた横尾芸術の真実を体感できる、画期的な展覧会です。

全世界がコロナ禍に見舞われるという未曾有の状況の中、横尾は、外出も来客も制限しながら、日々アトリエにこもって絵画制作に没頭してきました。昨年から今年にかけて制作された、この新作は、大作ばかり20点以上に及びます。横尾芸術のなかで、最大級の問題作とも言えるこの新作の数々を、本展では初公開いたします。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2021年07月17日 ~ 2021年10月17日
7月26日・8月2日・8月9日・8月30日・9月20日は開館、8月10日・9月21日は休館

アーティスト

横尾忠則

入場料

一般 2000円、大学・専門学校生・65歳以上 1300円、中学生・高校生 800円、小学生以下 無料

アートスペースの開館時間

10:00から18:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、年末年始休館(12/28〜1/1)

アクセス

〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1
電話: 050-5541-8600

東京メトロ半蔵門線清澄白河駅B2出口より徒歩9分、都営地下鉄大江戸線清澄白河駅A3出口より徒歩13分、東京メトロ東西線木場駅3番出口より徒歩14分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

Art Beat News tablog review

横尾芸術のすべてを目撃せよ:東京都現代美術館「GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?」レポート

「怪人二十面相」のようにさまざまな顔を持つ「横尾忠則」という稀有な存在(文・写真:永田晶子[美術ジャーナリスト])

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use