「石元泰博生誕100年記念作品展」

PGI

poster for 「石元泰博生誕100年記念作品展」
[画像: ©Kochi Prefecture, Ishimoto Yasuhiro Photo Center]

このイベントは終了しました。

サンフランシスコで生まれた石元泰博は3歳で両親の故郷である高知県へ移住、1939年に18歳で再渡米します。1948年、シカゴのインスティテュート・オブ・デザイン(以下ID)に入学し、アーロン・シスキンやハリー・キャラハンの元、ニューバウハウスの教育を受けました。1953年に写真家として訪日。当時ニューヨーク近代美術館(MoMA)写真部門のキュレーターだったエドワード・スタイケンの紹介で、同館建築デザイン部門のキュレーター、アーサー・ドレクスラーに同行し、桂離宮を撮影します。「ある日ある所」「シカゴ シカゴ」に並び石元の代表作となる「KATSURA−日本建築における伝統と創造」は、1960年に造形社より出版されました。

東京都写真美術館、東京オペラシティアートギャラリー、高知県立美術館にて、2020年に「生誕100年 石元泰博写真展」が開催されたのも記憶に新しいところです。初期作にあたるID以前の作品から、建築写真の仕事、晩年のグラフィカルなスナップのシリーズ「シブヤ、シブヤ」まで、石元の全キャリアを網羅した大規模なこれらの展覧会により、あらためてその構築的で硬質な作品の評価が高まりました。

PGIでは来たる6月14日の生誕100年に合わせ、PGIコレクションより展覧会を開催いたします。
石元の空間を捉える卓越した構成力からは、写真という二次元の表現方法で被写体の本質に迫ろうとする作家の姿勢を垣間見る事ができます。特に「桂離宮」にはそれが顕著に表れています。石元は、アメリカと日本という二つの文化の間で育まれた多角的な洞察力で、桂離宮のデザインにモダン建築の様式美を見出しました。その精緻なアングルは、桂離宮という建築のエスプリを表現しています。

同様に、スナップショットの中にも緊張感のある形を見せるイメージが数多く残されています。
シカゴや東京の街中での一連のシリーズでは、人々の営みや時代を反映しただけでなく、街を捉える視線の中に造形的な被写体を見出しています。また、対象をじっと見つめることで現れるシュールレアリスティックな場面も捉えており、風景を描く線を使い、写真の平面性を特徴的に生かした作品群には、実験的な写真教育を受けた石元の鋭い視線が向けられています。

本展では、そのような石元の造形への深い興味に焦点を当てたセレクションをご覧いただきます。初期の代表作を含むシカゴや東京で撮影されたスナップショットの他に、「桂離宮」、「色とかたち」シリーズを加えた、モノクロ、カラー作品合わせて、約30点を展示いたします。

メディア

スケジュール

2021年06月10日 ~ 2021年08月03日

アーティスト

石元泰博

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use