「抽象画ってなんだ?展」

みぞえ画廊

poster for 「抽象画ってなんだ?展」
[画像: 須田剋太『抽象作品-A』F10号 1962年]

このイベントは終了しました。

「僕の絵は具象なのか抽象なのかとよく聞かれますが、目で見たものしか描いていない。絵を描くということは、その目に見えたものの奥に潜むカタチを、画面に引きずり出す事なんです。」
抽象画のイメージが強い野見山暁治先生の言葉です。私たちが日ごろ抽象画と思って見ている作品も、実はある事物を画家の目と言うフィルターを通して描かれたカタチである事が多いのです。
では、何をもって抽象画と言うのでしょうか? 「かっこいい」、「現代的」、「よくわからない」 。 抽象画を前にした時、人が口にする言葉は様々です。たちのコレクションの中から抽象的な作品を一堂に展示する事で、あらためて作品と対話し、描き手が何を表現したいのかを考える、絵を見る楽しみを感じていただきたいと思います。

メディア

スケジュール

2021年06月19日 ~ 2021年07月04日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use