poster for 名和晃平 「Wandering」
[画像: 名和晃平 「Wandering」1996年 C-print 8.8 x 12.7 cm © Kohei Nawa / Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE]

このイベントは終了しました。

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムは、6月5日(土)から7月3日(土)まで、名和晃平 「Wandering」展を開催いたします。タカ・イシイギャラリーでの初個展となる本展では、名和が京都市立芸術大学在学時代に撮影した数多くの写真の中から約25点の作品を展示いたします。

シリコーンオイルで満たされた水槽の中を水の粒子が落下する「Water Cell」や、菌類が重力に抗って成長するさまをグルーガンで壁に直接描いた「Catalyst」、巨大な水の泡が生成と消滅を繰り返す「Foam」など、Cell(細胞)という概念を基に名和が生み出した作品群は、彫刻という枠組みを解体し、インスタレーション、建築、舞台美術など様々なメディウムを横断した、新たな視触覚経験へと誘う独自の造形言語を確立しました。

Cellはまた、色やテクスチャー、素材感などオブジェクトの表皮を知覚する人間の感覚器官細胞でもあります。インターネットを介して手に入れた動物の剥製や玩具などの表面をクリスタルガラスの球体(レンズ)で覆った作品「PixCell」によって名和は、カメラのレンズ(現在はスマートフォンのレンズ)を経てネット上に日々形成される膨大なイメージの大海に世界が飲み込まれ、ものの表皮である物質性が希薄化し、世界が映像化するデジタル時代の幕開けを鋭く指摘しました。

本展にて初めて公開される写真は、「PixCell」シリーズの原型となる作品が生まれた2000年の直前、京都市立芸術大学在学中の数年間に撮影された作品です。35mmフィルムカメラを手に京都の町を歩いた名和がスナップショットで撮影した写真は、演出されることなく、偶然出会った被写体が控えめな距離感で時に思い掛けない構図で切り取られています。その後世界の表層への関心を基点に名和の作品は展開していきますが、これらの写真作品からはその胎動を感じ取ることができます。

メディア

スケジュール

2021年06月05日 ~ 2021年07月03日

アーティスト

名和晃平

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use