片山高志 「矩形の庭」

銀座 蔦屋書店

poster for 片山高志 「矩形の庭」

このイベントは終了しました。

気鋭アーティストを特集する展覧会シリーズ《銀座 蔦屋書店ART PARTY》の第8回⽬として、⽚⼭⾼志による個展「矩形の庭」を2021年7⽉17⽇(⼟)から8⽉6⽇(⾦)の期間に銀座 蔦屋書店アートウォール・ギャラリーにて開催いたします。

片山高志は、⼈⼯物と⾃然の対⽐をテーマに創作を続けるアーティストです。「意味と無意味」「イメージと物質」といった対⽐的な要素を⼀つのフレームの中に収めることで、静的かつ浮遊感のある⾵景画や静物画を描いてきました。

独学で制作を続けてきた⽚⼭は2011年のVOCA展選出を⽪切りに、継続的な個展開催やグループ展を通して作品を発表、近年では2020年のANB Tokyoのグランドオープニング展に参加して注⽬を浴びました。

ものとしての存在感を消し去ったようなマチエールとモノクロームの絵画は、観る者の感情移⼊を拒むかのようであり、その⼀⽅で、それは⽇常⽣活や社会との摩擦から起こる世界に対しての⽚⼭の眼差しや認識そのものと⾔うことができるでしょう。「矩形の庭」と題された本展覧会では、矩形に切り取られた絵画そのもの、あるいは矩形それ⾃体がモチーフとなり、私たちの視覚体験に不思議な問いを投げかけます。⽚⼭による超現実的な作品世界をぜひお楽しみください。

会場: 銀座 蔦屋書店アートウォール・ギャラリー

メディア

スケジュール

2021年07月17日 ~ 2021年08月06日
開館時間 10:30~20:00

アーティスト

片山高志

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use