「8つの意表~絵を描く、絵に描く、画家たちのキセキ~」

練馬区立美術館

poster for 「8つの意表~絵を描く、絵に描く、画家たちのキセキ~」

このイベントは終了しました。

※東京都が令和3年5月28日(金)に発表した緊急事態措置の内容を踏まえ、5月31日(月)に練馬区は「新型コロナウイルス感染症に対する練馬区方針」を発表いたしました。これに基づき、練馬区立美術館は6月1日(火)から再開いたします。
※本展示は臨時休館の影響で会期を縮小して掲載しております。
元会期: 2021年5月12日〜6月20日

「意表をつく」という言葉があります。おおむね「相手の予期しないことをする」という意味で用いられますが、「意表」は字義に近く「こころをあらわす」という意味で使われることもあります(注)。(注)松岡正剛の先夜千冊  https://1000ya.isis.ne.jp/souran/
本展ではこれをキーワードに、練馬区立美術館のコレクションから、練馬にゆかりの深いアーティストを含む8名を選びました。近現代美術にユニークなキセキ[軌跡]を残した彼らそれぞれの二重の意味での「意表」を、複数の個展形式でご観覧ください。明治末年から令和にいたる、激動する日本を生きてきたアーティストたちが、どのようにして自己と社会を見つめ「意表」を行い、時代の中でキセキ[奇跡]を成してきたかを約100点の絵画・版画作品でご紹介します。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2021年06月01日 ~ 2021年06月20日

アーティスト

小野木学草間彌生中村宏近藤竜男

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use