牧野智晃 「まちをたぐる」

KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY

poster for 牧野智晃 「まちをたぐる」
[画像: 《Kameido 35° 42' 18.528" N 139° 49' 22.248" E》 2020 | archival pigment print | 460 × 690 mm ©︎ Tomoaki Makino, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY]

このイベントは終了しました。

※本展は都の休業要請を受け臨時休廊しておりましたが、6月2日(水)より再オープンいたします。

KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHYは、2021年4月24日(土)より、牧野智晃個展『まちをたぐる』を開催いたします。

牧野智晃は1980年生まれ。第31回木村伊兵衛写真賞ノミネートとなった写真集『Tokyo Soap Opera』(2005年、FOIL刊)では、母子家庭環境で育つなかで培われた「母親世代が独自に醸成する特異な世界観」への好奇心から、中年女性を各々の生活空間内にて撮影し、ニューヨーク、台湾などの世界各都市でも同シリーズの撮影を展開してきました。

このたび初公開となる新作〈まちをたぐる〉は、東京23区内の電柱・電線が織りなす景観を撮りためたモノクロ写真で構成された新シリーズ。世界中の先進国のなかでも目を見張るほどの低い無電柱化率を誇る東京に、上を見やるだけでカオスな風景が広がっていることを牧野は示します。

その混沌とした様相は一見するとユーモアやおかしみに溢れていながら、のびのびと空中に生い茂る直線や曲線に覆われた都市風景は、社会情勢や悲哀をも滲ませます。味わい深い場面に社会学的な見地を内在させる牧野の一貫する眼差しの新境地に、是非ご期待いただけましたら幸いです。

オンラインビューイングはこちら: https://my.matterport.com/show/?m=rRE7bMa67D5

メディア

スケジュール

2021年04月24日 ~ 2021年07月03日

アーティスト

牧野智晃

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use