コムロタカヒロ 「WHITE HOLE」

THE ANZAI GALLERY

poster for コムロタカヒロ 「WHITE HOLE」

このイベントは終了しました。

彫刻家コムロタカヒロの個展「WHITE HOLE」を3月9日(火)から開催する。

​1985年生まれの彼は、80〜90年代のアメリカのSFやディストピアムービー、アートトイ、フィギアなどから影響を受け、日本の現代カルチャーを取り入れた彫刻作品を展開。これまでの主な個展に「Vortex」(銀座 蔦屋書店、東京、2019)、グループ展に「Juxtapoz Clubhouse」(Superchief Gallery 、マイアミ、2018)、「Masks」(Diesel Art Gallery、東京、2016)、「Dichotomy-Doublethink」(Toy Art Gallery、ロサンゼルス、2015)などがあり、大規模個展は初の試みとなる。

今回の個展のタイトルである「WHITE HOLE」とは、「物質を放出する概念上の天体であり、ブラックホールに吸い込まれた物が放出される場所です。あらゆる情報を吸収、蓄積し再構成して放出する自分の作家活動と重なり合うと思います。ミステリアスでSFファンタジーのイメージも含まれ、印象に残る個展になるだろう。」と語る彼の本個展では、初の版画やブロンズ作品をはじめ、新作の木彫や人気のソフビ作品も発表する。

個展終了後は、コムロタカヒロ常設スペースもオープン予定。

メディア

スケジュール

2021年03月09日 ~ 2021年04月09日

アーティスト

コムロタカヒロ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use