poster for 「写真の写真と写真」
[画像: 「写真の写真」1973 ©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates]

このイベントは終了しました。

複製、記録技術として発明された写真の歴史は、同時に、写真が芸術や表現の世界に進展し、展開される歴史でもありました。そのことによって、写真は、これまでにない、表現性、政治性、技術的な実験性などを獲得していきます。そのような写真の歴史は、「写真とはなにか」「写真でなにができるのか」という問いを、つねに探求し、不断に更新する試みでもあったはずです。

本展は、そうした試みのなかから、現在、国立国際美術館で個展を開催中の鷹野隆大をはじめ、高松次郎、オノデラユキ、椎原治、ヴォルス、アジェの写真作品をご紹介します。

メディアとしての写真の可能性を拡張した作家たちの作品や、コンテンポラリーアートの世界における重要な表現手段として写真が位置付けられる過程で、実験的な写真作品の制作を行った作家たちの仕事を通して、現代における写真表現の拡がりに焦点を当てました。ぜひ、ご高覧ください。

メディア

スケジュール

2021年07月20日 ~ 2021年08月28日
8月8日から8月16日は休廊

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use