篠田優 「有用な建築」

表参道画廊

poster for 篠田優 「有用な建築」
[画像: ©篠田優]

このイベントは終了しました。

篠田優は長野県出身、現在東京を中心に活動を行っている写真家です。本展覧会では、篠田が2017年より継続的に撮影している長野県松代町に取材した写真群から、太平洋戦争末期に建設された大本営跡の壕内に残された掘削痕を黒白フィルムで撮影したシリーズ、壕の掘削時に搬出されて投棄された「ずり(廃石)」をカラーフィルムで撮影したシリーズを出展いたします。

篠田は、2015年から現在まで三浦半島、房総半島に残された本土決戦用の陣地を含む遺構群を、大型カメラなどを使用して取材してきました。本展出品作はそれらの写真群の延長線に位置づけられています。

精細な描写によって写真のもつ記録能力を活かし、徐々にその数を減らしつつある戦争の痕跡をアーカイブするような写真群は、写真における記録の限界や、写真の発展とも重なり合う近代という時代へと、問いを発するための手がかりとなることを期するものでもあります。

メディア

スケジュール

2021年05月10日 ~ 2021年05月15日

アーティスト

篠田優

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use