ロトチェンコ + ステパーノワ 「ロシア構成主義のまなざし」

宇都宮美術館
終了しました

アーティスト

アレキサンドロ・ロトチェンコ、ワルワーラ・ステパーノワ
ロトチェンコとステパーノワは、20世紀の初頭、ロシア革命で高揚した新しい社会において、アートとデザインの分野で未来の建設を目指した。モスクワのプーシキン美術館、ロトチェンコ・ステパーノワ・アーカイヴからの作品ほか、約170点を展示。

[画像:アレキサンドロ・ロトチェンコ 「レンギス(国立出版社レニングラード支部)あらゆる知についての書籍」国立出版社レニングラード支部の広告ポスター(1924、1965)プーキシン美術館]

AD

スケジュール

2010.09.19(日)~2010.11.07(日)

会場の開館情報

09:30 ~ 17:00
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、祝日は開館し翌日休館(翌日が土曜日・日曜日・祝日の場合はその土曜日・日曜日・祝日も開館)
入場料一般 800円、大学生・高校生 600円、中学生・小学生 400円
会場宇都宮美術館
http://u-moa.jp/
住所〒320-0004 栃木県宇都宮市長岡町1077
アクセスJR宇都宮駅西口より関東バス(豊郷台・帝京大学経由宇都宮美術館行き)「宇都宮美術館」下車、JR宇都宮駅よりタクシー20分
電話番号028-643-0100

AD

AD