フィオナ・タン 「'Rise and Fall' and New Works」

ワコウ・ワークス・オブ・アート
終了しました

アーティスト

フィオナ・タン
10月22日(土)まで会期延長します。
Rise and Fall の展示時間を13:00-18:00に短縮致します。ご了承下さいませ。

当ギャラリーで5回目の個展となる今回、第53回ヴェネチア・ビエンナーレで話題となった、ある女性の記憶と時間の流れをとらえた大型ビデオ・インスタレーション「Rise and Fall」の他に、新作「Brendan’s Isle (ブレンダンの島)」(2010)、「Hans & Helge」(2011)を展示します。

フィオナ・タンは、これまでは既存の写真やフィルムを用いた作品が多かった中、近年では自らが監督となり、役者を使って、入念に設定された映像のインスタレーションを発表しています。また、生い立ちを背景に、グローバリズム、ポストコロニアリズム論の文脈に位置付けられる作品や、他者論を意識した作品から一転して、現在は映像・イメージそのものと時間、記憶、そして言葉や物語の関係性について探求する作品の発表が続いています。

「Rise and Fall」は二枚の縦長のスクリーンによる、映像と音響のみのインスタレーションです。時間の流れ、静止することを知らない自然と人間の動き、記憶と感情の揺らぎといった様々な要素が水と人物を通してあらわされ、またダブルスクリーンの間に起きるわずかなズレで生じる違和感により、映像やイメージに頼る記憶の正確性を問い投げかけます。タン本人の朗読によるオーディオ作品「Brendan’s Isle (ブレンダンの島)」では、6世紀に実在した、幻の楽園を探し航海に出たアイルランドの修道士の物語が語られます。そしてスウェーデンのゴットランド島で撮影された映像作品「Hans & Helge」では、静かな生活をおくる住民達の日々が丁寧に描き出されています。

映像とイメージ、時間と記憶について考察し、また言葉と物語の関係性についての探求をおこなうフィオナ・タンの近年の代表作と最新作です。また、本展にあわせ、テキストシリーズ第4弾「フィオナ・タン」を出版いたします。

AD

スケジュール

2011.09.10(土)~2011.10.22(土)

13:00〜18:00

会場の開館情報

新型ウイルスの影響で事前予約制で営業中。 公式の展覧会ページから予約可能。

オープニングパーティー 2011年9月10日 18:00 から 20:00 まで

入場料無料
展覧会URLhttp://www.wako-art.jp/exhibitions/data/2011/riseandfall_and_newworks/
会場ワコウ・ワークス・オブ・アート
https://www.wako-art.jp/
住所〒106-0032 東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル3F
アクセス都営大江戸線・東京メトロ日比谷線六本木駅1a・1b出口より徒歩1分
電話番号03-6447-1820

AD

AD