「和歌を愛でる」展

根津美術館
終了しました
季節の移ろいや心の微妙なありようを、31文字に託して詠んだ和歌は、日本美術と密接な関わりをもち、さまざまなジャンルで造形化されてきました。人々は和歌を詠み、流麗な手跡で文字に表し、また、絵画や工芸に表現された意匠から和歌を読み解き、茶道具には歌銘を付して新たな価値を見出してきたのです。本展では、館蔵品の古筆、屏風絵、蒔絵の硯箱、茶道具など和歌にちなんだ名品を厳選し、重要文化財9件を含む30件余を展示いたします。なお「扇面歌意画巻」は修理後初のお披露目であり、展覧会で100図すべてを公開する初めての機会となります。平安時代から江戸時代にわたる、和歌と日本美術のさまざまな結びつきの姿をお楽しみください。

会場: 根津美術館 展示室1・2

[関連イベント]
スライドレクチャー
日時: 1月10日、1月24日 各日13:30〜 約40分間
場所: 根津美術館 講堂
定員: 130名

講演会1「『和歌を愛でる』を楽しむ」
日時: 1月18日 14:00〜15:30
場所: 根津美術館 講堂
定員: 130名(事前申し込み制)

講演会2「和歌と視覚芸術 花鳥風月をめぐって」
日時: 2月1日 14:00〜15:30
場所: 根津美術館 講堂
定員: 130名(事前申し込み制)

講演会3「懐紙・短冊と和歌」
日時: 2月8日 14:00〜15:30
場所: 根津美術館 講堂
定員: 130名(事前申し込み制)
*関連イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認下さい。

AD

スケジュール

2014年1月9日(木)~2014年2月16日(日)

開館情報

時間
10:0017:00
休館日
月曜日
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館
展示替期間・年末年始休館
入場料一般 1000円、大・高生 800円、中学生以下無料
会場根津美術館
http://www.nezu-muse.or.jp/
住所〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1
アクセス東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅A5出口より徒歩8分
電話番号03-3400-2536

AD