「特集 地震のあとで - 東北を思うⅢ -」

東京国立近代美術館
終了しました

アーティスト

藤井光、宮本隆司、Chim↑Pom
2011年3月11日から3年が経ちました。当館では、コレクション展において、2011年5月に「特集 東北を思う」を、2012年1月に「特集 東北を思う - 記憶・再生・芸術 -」を開催してきました。3回目となる今回は、地震と津波と福島第一原子力発電所事故の後に、アーティストたちがどのように動き、どのように被災地に寄り添ってきたか。また浮かび上がってきた様々な問題にどのように向き合ってきたのかに注目しました。展示されるのは、2013年度に収蔵したChim↑Pomと藤井光の作品。アーティストならではの姿勢により、報道では表れない、あるいは体験しづらい東北の姿が、浮かびあがっていると思います。また今回、写真家の宮本隆司による「3.11 TSUNAMI 2011」をお借りして、エレベーターホールを挟んで反対側にある12室で紹介。さらに、Chim↑Pomの「REAL TIMES」を3階の7室で展示しています。
※同時開催「映画をめぐる美術」展(4月22日~)観覧券をお持ちの場合は当日に限り、所蔵作品展もご覧いただけます。

AD

スケジュール

2014年4月15日(火)~2014年6月1日(日)

開館情報

時間
10:0017:00
金曜日・土曜日は20:00まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日
月曜日
月曜日が祝日の場合は月曜日開館、翌日火曜日休
展示替期間・年末年始休館
備考
無料観覧日: 5月4日(日)、5月18日(日、国際博物館の日)、6月1日(日)、 休館日: 月曜日(5月5日は開催)、5月7日(水)
入場料[常設展] 一般 500円、大学生 250円、高校生以下および18歳未満、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料、企画展はイベントにより異なる
会場東京国立近代美術館
http://www.momat.go.jp/am/
住所〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1
アクセス東京メトロ東西線竹橋駅1b出口徒歩3分、東京メトロ半蔵門線・東西線九段下駅4番出口より徒歩11分
電話番号03-5777-8600 (ハローダイヤル)

AD