[画像: モーリス・ドニ「小さなブルターニュの女性たち、沼のほとり」(1892) 油彩、キャンヴァス 29.5×36.5㎝ 個人蔵]

「フランスの風景 樹をめぐる物語 - コローからモネ、ピサロ、マティスまで -」展

SOMPO美術館
終了しました

アーティスト

フェリックス・ヴァロットン、ギュスターヴ・カイユボット、モーリス・ドニ、クロード・モネ、カミーユ・コロー
「樹木」というモティーフを通して、印象派を中心とするフランス近代風景画の進展を探る展覧会です。本展覧会はロマン派やバルビゾン派にはじまり、印象派を経てフォーヴまで、「樹木」が風景画の展開にどのような役割を果たしてきたのかを展覧します。絵画の独立した主題として樹木を描き、樹木を介した光と影を追求し、その色や形を絵画の要素としてとらえた画家たちが、「樹木」をどのように描いてきたのか、フランスを中心とする国内外の美術館、ならびに個人所蔵作品から樹木に対する画家たちの想いが込められた作品約110点を展示し、その変遷をたどります。

AD

スケジュール

2016.04.16(土)~2016.06.26(日)

月曜日は休館

会場の開館情報

10:00 ~ 18:00
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、展示替期間・年末年始休館
入場料一般 1200円、大学生・高校生 800円、65歳以上 1000円、中学生以下無料
展覧会URLhttp://www.sjnk-museum.org/program/3729.html
会場SOMPO美術館
https://www.sompo-museum.org/
住所〒160-8338 東京都新宿区西新宿1−26−1
アクセスJR・京王線・小田急線新宿駅西口より徒歩5分、東京メトロ丸ノ内線新宿駅A15出口より徒歩5分、都営大江戸線新宿西口駅D4出口より徒歩5分
電話番号03-5777−8600

AD

AD