[画像: グレゴール・シュナイダー SUPPE AUSLÖFFELN Life action, Odenkirchener Str. 202, Rheydt, Germany 2014 © Gregor Schneider / VG Bild-Kunst Bonn, courtesy WAKO WORKS OF ART]

グレゴール・シュナイダー 「SUPPE AUSLÖFFELN けりを付ける(スープを飲み干す)」

ワコウ・ワークス・オブ・アート
終了しました

アーティスト

グレゴール・シュナイダー
ワコウ・ワークス・オブ・アートではこの度、2019年9月25日(水)から11月9日(土)まで、ドイツ人作家グレゴール・シュナイダーによる4年ぶりの個展『SUPPE AUSLÖFFELN けりを付ける(スープを飲み干す)』を開催いたします。1969年にメンヒェングラートバッハ地方の都市ライトで生まれ、現在も同地域で活動を続けるシュナイダーは、閉ざされた空間への尽きない興味を契機として、大掛かりな室内の改変を制作に用い、時空の接続や断絶を想起させる数々の空間インスタレーションを発表しています。2001年に当時史上最年少としてベネチア・ビエンナーレの金獅子賞を受賞し、本年も国内で2箇所の国際展(瀬戸内国際芸術祭 2019、TRANS-KOBE)に参加するなど、ドイツを代表する現代美術作家として、毎年各国の美術展で作品を展示しています。本個展は、ナチス・ドイツの国民啓蒙宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッペルスが実際に暮らしていた家で、2014年にシュナイダーが行ったプロジェクトを、立体作品や映像作品によるインスタレーション構成で展示する試みです。同年にワルシャワのザヘンタ国立美術館と、ベルリンのフォルクスビューネ劇場とで『UNSUBSCRIBE』展として公開されましたが、それ以降は展示されることがなく、本個展で5年ぶりに、アジアでは初めて公開いたします。このプロジェクトは、自らの出生地の近隣にかつてゲッペルスが暮らした家があり、かつ現存している事実を知った作家が、家を買取り、家財や目録を丁寧に調べ上げ、そして建物の内部を徹底的に破壊し、残骸を廃棄するまでを一連の流れとします。ゲッペルスが去った後、この家屋の歴史が公になることは今までに殆どありませんでした。戦後から約75年間、様々な家族が住みながら一般の家として街の中に存在し続けています。シュナイダーの制作活動は、1980年代の半ばに、家族が所有する空家を改装し始めたことからはじまりました。住居という個人的な空間、閉じた部屋、穴など、外からは伺いしれない暗闇の中に探究心を抱き、その内部で生じる変化や変化の過程自体に注目しながら、制作を発展させていきます。その後、見えないものへの興味は、自らの生活圏との関係にとどまらず、閉ざされた歴史観や言論、慣習や制度など、現代社会を覆う「見て窺い知れないもの」との関係性の中で展開されるようになります。題材を鋭く取捨しながら、生死の倫理を問う《死の家》(2001)や、場所と思想の介入関係に注目した《カーバ》(2005)などの作品を発表し、現代社会の背後に潜み、自らの興味をも惹き寄せ続ける「暗闇」の探究を続けています。このような社会的な性格が強い題材に取り組みながらも、シュナイダーは常に、作品の主軸を自らのクリエイションそのものとしています。本プロジェクトでも、戦争や地域性の問題を扱いながら、作家だけがもつ堅強な眼差しを持ってアプローチを試みています。芸術と社会との接点を、単純な文化の正当性とだけに留めず、その創造性をもって個々人に潜む恐怖や好奇心に分け入る作品は、芸術がもつ雄弁性を体感させ、表象文化がこれから担うものを詳らかにします。現代美術と現代社会が帰依するものを問う、シュナイダーの芸術を、是非この機会にご高覧ください。

AD

スケジュール

2019.09.25(水)~2019.11.09(土)

会場の開館情報

新型ウイルスの影響で事前予約制で営業中。 公式の展覧会ページから予約可能。
入場料無料
展覧会URLhttps://www.wako-art.jp/2019gregorschneider
会場ワコウ・ワークス・オブ・アート
https://www.wako-art.jp/
住所〒106-0032 東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル3F
アクセス都営大江戸線・東京メトロ日比谷線六本木駅1a・1b出口より徒歩1分
電話番号03-6447-1820

AD

AD