松井正子 「Six days in Vladivostok - ウラジオストクの 6日間 - 」

フォトグラファーズギャラリー
終了しました

アーティスト

松井正子
松井正子は、1970年代より、政治・宗教・文化の異なる国々で感じた時空を超える共通の情緒を掬い取りたいと考え、ポルトガルとそのかつての植民地をはじめ海外で撮影した写真を発表してきました。
今回の「Six days in Vladivostok-ウラジオストクの6日間」では、2019年に訪れたウラジオストクでの6日間の写真を展示します。ウラジオストクは、19世紀末より不凍港として極東の軍事・商業上の重要な港に位置付けられ、現在もロシア海軍太平洋艦隊の基地がおかれる軍事都市です。ロシア革命前後には日本人6000人ほどが在住し日本人学校もありましたが、1958年から1991年のソ連崩壊まではごく一部を除いて外国人や市外居住者の立ち入りが禁止された閉鎖都市でした。現在はシベリア横断鉄道の始発駅として知られており、海を臨む丘陵地帯で坂が多く、極東にありながらヨーロッパを感じさせる港町です。旅の途上にある撮影者と現地の人や風景との「間合い」が、街を歩くリズムを刻むように撮影されています。

AD

スケジュール

2020.11.15(日)~2020.11.29(日)

会場の開館情報

12:00 ~ 20:00
入場料無料
展覧会URLhttps://pg-web.net/exhibition/masako-matsui-vl-jp/
会場フォトグラファーズギャラリー
http://www.pg-web.net/
住所〒160-0022 東京都新宿区新宿2-16-11-401
アクセス都営新宿線新宿三丁目駅C7・C8出口より徒歩2分
電話番号03-5368-2631

AD

AD