「写真新世紀展 2020」

東京都写真美術館
終了しました

アーティスト

金田剛、後藤理一郎、セルゲイ・バカノフ、立川清志楼、樋口誠也、宮本博史、吉村泰英
「写真新世紀」は、写真表現の可能性に挑戦する新人写真家の発掘・育成・支援を目的として、キヤノンが1991年にスタートした文化支援プロジェクトです。銀塩・デジタル写真を問わず、自由で独創的な写真表現を応援しており、国内外で活躍する優秀な写真家を多数輩出するなど新人写真家登竜門として広く認知されています。これまでの応募者総数は33,359名(組)となっております。

ジャンルを問わない新しい視点による作品、作家の創作活動を支援出来るよう、静止画・動画にも対応した応募システムを整え、グローバルに公募を展開しています。この試みに、今年は2,002名の方がチャレンジされ、その中から審査員7名がそれぞれに優秀賞、佳作を選出しました。「写真新世紀展 2020」では、それら受賞作品をご紹介します。10月30日(金)には、グランプリ選出公開審査会を開催し、優秀賞受賞者の中から本年度のグランプリが審査員の合議の下、選出される予定です。グランプリ受賞者には、賞金100万円とキヤノンカメラ製品が贈られます。
会場では、2019年度のグランプリ受賞者中村智道氏の新作個展を同時開催するほか、10月22日(木)には、出展者によるアーティスト・トークを開催します。また、関連イベントとして本年度の審査員野村浩氏、オノデラユキ氏による写真レクチャーを開催します。この機会に才能溢れる若手写真家たちの現代を見つめる斬新な眼差しと写真表現の可能性に触れていただければと思います。

[関連イベント]
1. アーティスト・トーク
日時: 10月22日(木) 第一部 14:30~15:40(開場 14:00~) / 10月22日(木) 第二部 16:00~17:30
会場: 東京都写真美術館 1階ホール 
定員: 90名(事前予約制) 
2. 写真レクチャー
日時: 10月31日(土) 第一部 14:00~15:30 野村浩(美術家) / 10月31日(土) 第二部 16:00~17:30 オノデラユキ(写真家)
会場: 東京都写真美術館 1階ホール
定員: 90名(事前予約制)入れ替え制 
※イベント詳細は公式ホームページよりご確認ください。

AD

スケジュール

2020.10.17(土)~2020.11.15(日)

会場の開館情報

10:00 ~ 18:00
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、年末年始休館
入場料無料
展覧会URLhttp://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3859.html
会場東京都写真美術館
http://topmuseum.jp/
住所〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
アクセスJR山手線・埼京線恵比寿駅東口より徒歩7分、東京メトロ日比谷線恵比寿駅1番出口より徒歩11分
電話番号03-3280-0099

AD

AD