カタルシスの岸辺 「光光DEPO」

EUKARYOTE(ユーカリオ)
終了しました

アーティスト

荒渡巌、海野林太郎、高見澤峻介、田中勘太郎、大山日歩、ナルコ、小宮麻吏奈、長田雛子
EUKARYOTEでは2020年10月10日(土)から11月1日(日)の会期にてカタルシスの岸辺による「光光DEPO」を開催致します。

2017年、アーティストコレクティブ「カタルシスの岸辺」は共に東京藝術大学大学院先端表現科を専攻する荒渡巌、海野林太郎を中心に結成され、のちに高見澤峻介、田中勘太郎、髙橋銑(2019年独立)、大山日歩が加わり、映像制作を主とする者から立体や絵画制作、プログラミングを行う者までプロジェクトに応じて複数のアーティストが入れ替わる流動的な形態で活動を続けてきました。
作品未満のマテリアルや映像素材を秒単位で量り売りする屋台、コイン投入式の映像視聴筐体「 動牙番長/動牙師匠 」の作成設置、アートワールドを舞台とした対戦型ボードゲームの設計と提供など、若手美術家たちによるこれらの実験的活動は、現代アートの枠組みや作家・鑑賞者といった関係性に揺さぶり掛け、注目を集めています。

本展は、 EUKARYOTEギャラリースペースを使い「カタルシスの岸辺」上記作家に加え、ナルコ、小宮麻吏奈、長田雛子ら気鋭の若手美術家を加えた8人の企画運営による実店舗「光光DEPO」として開店いたします。
ホワイトキューブの整然とした慣習的な光景から一変し、路地に並ぶ 電子部品屋やホームセンターに表れるような、混沌の秩序に則して配置された素材・作品と、その対面販売を行う店舗の中で、新しい試みとして上記作家本人たちが日替わりで店員として在廊し、購入者の簡易オーダーを介したやりとりと即興性をとりいれた作品制作を行います。

折りからパンデミックと重なり、持続可能性を備えた次世代の社会システムを望む潮流のなかで、彼らの活動は私たちの日常の労働とアート制作活動の係り、その対価について再考の機会と示唆を与えてくれるかもしれません。それは現在のアートのあり方に対する挑戦といった意図以上に、本質的な問い掛けと創造が労働の享楽へと結びついたリアリティがあるからに他なりません。
本展では商品の加工・即興制作も歓迎しておりますので、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

AD

スケジュール

2020.10.10(土)~2020.11.01(日)

会場の開館情報

12:00 ~ 19:00
月曜休館
入場料無料
展覧会URLhttp://eukaryote.jp/exhibition/kirakiradepo/
会場EUKARYOTE(ユーカリオ)
http://eukaryote.jp/
住所〒155-0001 東京都渋谷区神宮前3-41-3
アクセス東京メトロ銀座線外苑前駅3番出口より徒歩5分、東京メトロ千代田線・副都心線明治神宮前駅5番出口より徒歩13分、JR原宿駅竹下口より徒歩15分
電話番号080-9524-6981

AD

AD