[画像: Sam Francis, Untitled, 1958, Watercolor and gouache on paper,68.0 x 100.2 cm]

「Expanding Abstraction – 抽象のかたち」

CADAN有楽町
終了しました

アーティスト

エトレ・スパレッティ、ジャッキー・サコッチオ、ミラ・シェンデル、猪瀬直哉、サム・フランシス、黒田泰蔵
CADAN有楽町は、銀座SIX内にギャラリーを構えるTHE CLUBによる「Expanding Abstraction – 抽象のかたち」展を開催いたします。本展では、世代を超えた国内外の6名の作家による12点を展示し、会期中はギャラリートークを2回開催いたします。

具象として存在を持たないものが、色や線、形を通して現れる「抽象」。その表現のあり方は、アメリカの抽象表現主義を筆頭に、現代の美術に至るまで常に進化を続けています。

芸術を具象表現から解放した抽象表現主義。そして従来の抽象画から思考そのものの抽象性へと視点を向けることによって誕生したコンセプチュアルアートとしての抽象。さらには、思考すらも超えた形を持ち得ない抽象世界への試み。概念としての抽象は一つの形式に定まることなく、いつの時代も多くのアーティストが定義を問い、新たなる表現へと挑戦してきました。

抽象表現主義初期の信念を受け継ぐサム・フランシスや、新世代の抽象画家として現在活躍するジャッキー・サコッチオ、そして具象絵画から抽象絵画へと展開させる若手日本人アーティスト、猪瀬直哉。彼らは多様な文化が交わる現代において、普遍性に富んだ抽象絵画を生み出します。また、ミラ・シェンデルは言葉のコラージュにより、コンセプチュアルアートに潜む抽象性を際立たせ、黒田泰蔵やエトレ・スパレッティの作品には、単色の物質によって見ることのできない精神的な抽象世界が現れます。本展覧会では、その様々な「抽象」のかたちに焦点を当てます。

[関連イベント]
ART TALK supported by CVJ
1. アーティスト・トーク
日時: 11月27日(金) 18:30-19:00
出演: 猪瀬直哉(本展出展アーティスト)、山下有佳子(THE CLUBマネージングディレクター)
2. ランチタイム・トーク
日時: 12月4日(金)12:15-12:45
出演: 山下有佳子(THE CLUBマネージングディレクター)
※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

AD

スケジュール

2020.11.25(水)~2020.12.13(日)

会場の開館情報

11:00 ~ 19:00
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館
入場料無料
展覧会URLhttps://cadan.org/cadanyurakucho-theclub/
会場CADAN有楽町
https://cadan.org/cadan-yurakucho/
住所〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル1F
アクセスJR山手線・京浜東北線有楽町駅日比谷口より徒歩1分、東京メトロ千代田線・日比谷線・都営三田線日比谷駅A3出口より徒歩3分、東京メトロ有楽町線有楽町駅D2出口より徒歩3分
電話番号070-6464-1438

AD

AD