菅原玄奨 「anonym」

EUKARYOTE(ユーカリオ)
終了しました

アーティスト

菅原玄奨
EUKARYOTEでは2020年11月6日(金)から11月29日(日)の会期にて、菅原玄奨個展「anonym」を開催致します。

1993年東京都に生まれ、2018年に東京造形大学大学院造形研究科修士課程彫刻専攻を修了した菅原玄奨は、工業製品にも用いられるFRP(繊維強化プラスチック)を主な素材とし、消費的なファッションを纒い記号化された人々の姿を通して、移ろいゆく現代の表層やその実態の拠りどころのなさを立ち上がらせます。
2020年「Input/Output」(銀座蔦屋書店アトリウム)、2018年「香取慎吾 NAKAMA de ART」(帝国ホテルプラザ)発表のほか、作品集を出版するなど注目を集めつつありますが、今回3年ぶりの個展となります。
サーフェイサーによるマット・グレーの塗装によりわずかに残る触覚性と匿名性を強調した初期の作品から、近年はホログラム塗装を施し粘土の手触りの痕跡を強調したシリーズ「Ectoplasm」を制作するほか、彫刻をとりまく光源や台座など、展示環境も作品の一部として提示することで表現の幅を広げています。
本展は新作を中心に3フロアを使ってこれまでの制作を顧みる構成となっており、菅原の活動を広く周知させるきっかけとなった2018年の「A MAN」における、共にグレーの塗装で固有の情報を取り払われた等身大の少年の彫刻とそれに並ぶ空のペットボトルの発展とも言える、彫刻とプラスティックのレディメイドを並列させたインスタレーションや、ホログラム塗装によって光のコントラストを用いて身体性とその空虚さを空間に浮かび上がらせるなど、これまでの探求に対してより多角的な次元から表層や匿名性に宿る本質を探る試みとなります。ぜひご高覧くださいますようお願い申し上げます。

AD

スケジュール

2020.11.06(金)~2020.11.29(日)

会場の開館情報

12:00 ~ 19:00
月曜休館
入場料無料
展覧会URLhttp://eukaryote.jp/exhibition/gensho_sugahara_soloex/
会場EUKARYOTE(ユーカリオ)
http://eukaryote.jp/
住所〒155-0001 東京都渋谷区神宮前3-41-3
アクセス東京メトロ銀座線外苑前駅3番出口より徒歩5分、東京メトロ千代田線・副都心線明治神宮前駅5番出口より徒歩13分、JR原宿駅竹下口より徒歩15分
電話番号080-9524-6981

AD

AD