ワハブ・サヒード 展

NANZUKA UNDERGROUND
終了しました

アーティスト

ワハブ・サヒード
ナイジェリア人若手アーティスト、ワハブ・サヒードの世界初となるデビュー個展。サヒードは、1998年、南大西洋に面するナイジェリア最大の都市ラゴスに生まれ、国内で最高の美術学校の1つであるヤバ工科大学を2019年に卒業、現在もラゴスにスタジオを構えるペインターです。

サヒードの、その類まれなる感性と才能は、地道な努力と習練によってもたらされました。その作品で印象的な木炭を用いた表現は、地元のマーケットで学費を稼ぐために描き続けた何百枚という似顔絵によって進化を遂げました。それは大変な作業でしたが、とても貴重な経験でもありました。サヒードは、何百人という人々の顔を描き続ける中で、精神性を捉えるという肖像画における最も重要な基礎を学んだのです。

「私は、彼らがどのように見えるか完全に描こうとは思いません。一方で、ただ自分の前を通りすがった姿を描写するだけのものにならぬよう、心がけています。私は、彼らの外観を見るのではなく、その内面を捉えることに注視しています。私は彼らが私に与える印象にこそ興味があります。彼らの表現について、その真実を捉えることができれば、私は実際にその人物を描いたことになるのです。」(ワハブ・サヒード)

サヒードは黒人の肖像画を描きます。グラフィックデザイン的な平面構成を持つ空間とは対象的に、鋭くスピード感あふれるストロークで描かれた黒いポートレートは、その身体性と精神性を強く打ち出すことに成功しています。サヒードは、19世紀後半から20世紀半ばにかけての激動の時代を生きたドイツの女性アーティスト、ケーテ・コルヴィッツからの影響を語っていますが、社会的不公正と非人道性の犠牲者を雄弁に擁護したケーテの作品が、サヒードの目と心を捉えたことに、運命的な必然性を感じ取らざるを得ません。

近年、世界のアートシーンを席巻しているアモアコ・ボアフォが率いる新しい世代のアフリカ人アーティストは、黒人の肖像画を描くことで、黒人の生命と尊厳を表しています。そこには、新しい時代を切り開いて導こうとするアーティストの強い魂があり、ケーテの精神は時代を超えて彼らを援護しているかのようです。

「アフリカ全体に新たな声が生まれています。私たちは現代アートシーンにおいて、私達の歴史を描くように、最善を尽くしています。」(ワハブ・サヒード)

本展では、新作キャンバスペインティング、10点程度をNANZUKA UNDERGROUNDの1Fスペースにて展示発表致します。それらは、サヒードが捉えたコロナ禍の渦中にあっても稀有に生きる友人、知人、家族たちの姿です。

※本展示は「ART WEEK TOKYO」に参加しています。

AD

スケジュール

2021.10.09(土)~2021.11.07(日)

11月4日から7日は10:00〜18:00

会場の開館情報

11:00 ~ 19:00
月曜,祝日休館
入場料無料
展覧会URLhttps://nanzuka.com/ja/exhibitions/wahab-saheed-2021
会場NANZUKA UNDERGROUND
http://www.nug.jp
住所〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-30-10
アクセス東京メトロ千代田線・副都心線明治神宮前駅5番出口より徒歩8分、JR山手線原宿駅竹下口より徒歩10分
電話番号03-5422-3877

AD

AD