[画像: 首里那覇港図屏風 19世紀 沖縄県立博物館・美術館蔵]

「海の帝国琉球 - 八重山・宮古・奄美からみた中世 - 」

国立歴史民俗博物館
終了しました
コロンブスやマゼランが開いた世界史上の大航海時代より以前、早くも14世紀代から東アジア海域世界では活発な交易がおこなわれていました。その中心となったのが海洋国家・琉球です。琉球王国の輝ける時代は、これまでもしばしば紹介されてきました。ただ、琉球はその活動の過程で、言語も習俗も異なる周辺の島々、八重山・宮古・奄美に侵攻し、それぞれの社会を大きく変化させたこと、このことで現在の日本国の国境が定まっていることは、あまり知られていません。

文献資料がほとんど残っていないこれらの地域の歴史は、琉球王国によって作られた歴史書をもとに語られてきました。しかし島々を歩くと、ジャングルの中には当時の村が遺跡として眠っており、そこからは大量の陶磁器が発見されます。琉球王国とは別の世界が、そこには確かにあったのです。

これまでほとんど注目されてこなかった琉球の帝国的側面に視点を据え、八重山・宮古や奄美といった周辺地域から琉球を捉え直します。国立歴史民俗博物館では、2015年からこうした共同研究を実施してきました。この展示は、その成果を公開するものです。たくさんの青磁や白磁、国宝の文書や重要文化財の梵鐘、屏風や絵図など400点を超える資料から、新たな歴史像を示します。

AD

スケジュール

2021.03.16(火)~2021.05.09(日)

5月3日は開館、5月6日は休館

会場の開館情報

09:30 ~ 17:00
月曜休館
10月〜2月は9:30〜16:30、月曜日が祝日の場合は開館し翌日休館、年末年始休館(12月27日~1月4日)
入場料一般 600円、大学生 250円、高校生以下・障がい者手帳提示と付き添い2名 無料、企画展示は別料金
展覧会URLhttps://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/special/next.html
会場国立歴史民俗博物館
https://www.rekihaku.ac.jp
住所〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117
アクセス京成本線佐倉駅南口より徒歩約15分、JR総武本線佐倉駅北口よりちばグリーンバス(田町車庫行き)「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」下車
電話番号050-5541-8600 (ハローダイヤル)

AD

AD