「伝世の茶道具 - 珠玉の住友コレクション - 」

泉屋博古館
12月12日終了
茶道具には、人と人とを繋ぐ様々な物語が込められています。泉屋博古館に継承された茶道具は歴代の茶人による箱書や好みの裂による仕覆など、大切に受け継がれた思いを垣間見ることができます。住友コレクションの茶道具を収集した人物としては、裏千家八代又玄斎一燈好みの道具を集めた五代当主友昌(1705-1758)、小堀遠州遺愛の茶碗「小井戸茶碗 銘 六地蔵」を収集した十二代友親(1843-1890)、後陽成天皇命銘の茶入「唐物文琳茶入 銘 若草」や後水尾天皇ゆかりの「青磁福寿文香炉」などを収集した十五代友純(号 春翠:1864-1926)が挙げられます。本展では、住友家の宝物として慈しみ伝えられた茶の湯の名品をご紹介いたします。

AD

スケジュール

2021.11.06(土)~2021.12.12(日)

会場の開館情報

10:00 ~ 17:00
月曜休館
月曜日が祝日の場合は開館し翌日休館、展示替期間休館
入場料一般 800円、大学生・高校生 600円、中学生以下 無料
展覧会URLhttps://sen-oku.or.jp/program/20211106_chadougu/
会場泉屋博古館
https://sen-oku.or.jp/kyoto/
住所〒606-8431 京都府京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
アクセス地下鉄東西線蹴上駅より徒歩20分、JR京都駅より市バス(5系統・100系統)「東天王町」下車徒歩3分
電話番号075-771-6411

AD

AD