「Human and Animal 土に吹き込まれた命 21世紀陶芸の最先端」

滋賀県立陶芸の森
終了しました

アーティスト

ステファニー・クエール、ベス・カヴェナー、キム・シモンソン、スーザン・ホールズ、奈良美智
近年ますますアートとデザイン、陶芸と彫刻といった領域の境界線が曖昧さを増してきています。それは日本だけでなく海外でも、土をあらためて造形の素材として捉えられることで、土のさまざまな可能性が見いだされているのです。そこには、陶芸の素材ならではの土の可塑性や焼成方法はもとより、自然と人間との関わりなど、さまざまな現代の要素が浮き彫りにされています。

人や動物は原初からのモチーフですが、彼らは土の特徴を生かしつつ、スピード感や躍動感、リアリティ溢れる個性的な表現で、人間の心理や動物の本能を探りながら心に浮かんだ形を表現し、命を吹き込んでいます。

この展覧会では、土と対話しながら生み出される土のアートの最先端を、日本やアメリカ、ヨーロッパの今、注目される5人のアーティストたちによる人や動物をテーマにした作品を通して紹介します。

Part1: 子どもたちとともに -6月29日(火)~9月5日(日)
Part2: アーティストたちに迫る- 9月18日(土)~12月19日(日)

会場: 滋賀県立陶芸の森 陶芸館

AD

スケジュール

2021年6月29日(火)~2021年12月19日(日)

開館情報

時間
09:3017:00
休館日
月曜日
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館
年末年始休館
入場料一般 750円、高校生・大学生 560円、中学生以下 無料
展覧会URLhttps://www.sccp.jp/exhibitions/14359/
会場滋賀県立陶芸の森
https://www.sccp.jp/
住所〒529-1804 滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
アクセス信楽高原鐡道信楽駅より甲賀市コミュニティバス「陶芸の森」下車
電話番号0748-83-0909

AD