[画像: ツァイ・チャウエイ(蔡佳葳) 《円Ⅱ》 2011年 ビデオ、カラー、サイレント 56秒]

「MAMコレクション013: さまざまな線、宇宙のぜんぶ―草間彌生、プラバヴァティ・メッパイル、ツァイ・チャウエイ(蔡佳葳)」

森美術館
1月16日終了

アーティスト

草間彌生、プラバヴァティ・メッパイル、ツァイ・チャウエイ(蔡佳葳)
※森美術館は、政府による緊急事態宣言延長、東京都の緊急事態措置等に則り、6月1日(火)より営業を再開いたします。
※本展は、事前予約制(日時指定券)を導入しています。専用オンラインサイトから「日時指定券」をご購入ください。

「MAMコレクション013」では、アジアの異なる3つの都市で生まれ活動する3人のアーティスト、草間彌生(日本)、プラバヴァティ・メッパイル(インド)、ツァイ・チャウエイ(蔡佳葳)(台湾)の作品を紹介します。本展にて展示される作品は、どれも線を用いて表現されていますが、線を引くという行為は、何もないところに新しいものを造り出したり、何かを指し示したり、とらえどころのないものに形を与えたり、混然一体となったものを分類したりすることができるものです。それは人間が何かを考え、表現する、物やアイデアを生み出すための最も根源的な行為だといえるでしょう。
《インフィニティ・ネット》(2007年)は、草間の代表的なシリーズのひとつです。線が結びつき網となり、画面いっぱいに広がる様子は、草間の強迫観念を思わせると同時に、タイトルのとおり永遠も示唆しています。一方、メッパイルの作品は陶器のような質感のキャンバスに繊細な線画が金で描かれますが、金もまた、純粋性、富や力、そして永続するものの象徴として用いられてきました。ツァイの《円Ⅱ》(2011年)は、氷の上に墨で描かれた円が徐々に消えていく映像作品です。円を一筆で書いた円相は、真理や宇宙全体を表すとされていますが、墨が徐々に水に溶け、消えゆく様子は、移ろいゆくものの美しさや無常観も感じさせます。
3作家の作品に用いられている線は、その表情、技法、素材は様々ですが、どれも宇宙や精神世界などを思わせるものです。線を引くという一見とてもシンプルで、しかし根源的な行為が、私たちの思考をさらに開かれたものへと導いてくれるに違いありません。

AD

スケジュール

2021.04.22(木)~2022.01.16(日)

事前予約制

会場の開館情報

10:00 ~ 20:00
入場料[平日] 一般 2000円、大学生・高校生 1300円、中学生以下 700円、65歳以上 1700円 [土曜日・日曜日・祝日] 一般 2200円、大学生・高校生 1400円、中学生以下 800円、65歳以上 1900円
展覧会URLhttps://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/mamcollection013/index.html
会場森美術館
https://www.mori.art.museum/
住所東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F
アクセス東京メトロ日比谷線六本木駅1C出口より徒歩3分(コンコースにて直結)、都営大江戸線六本木駅3番出口より徒歩6分、JR渋谷駅より都営バス「六本木ヒルズ」下車すぐ
電話番号050-5541-8600

AD

AD