Ryu Ika 「interface approach Ⅱ vestige, me, now separating」

ナディッフ アパート
終了しました

アーティスト

Ryu Ika
この度、NADiff Window Galleryでは、写真家 Ryu Ikaによる個展「 interface approach Ⅱ vestige, me, now separating」を開催いたします。
Ryu Ikaは、中国・内モンゴル自治区の出身で、武蔵野美術大学、パリ国立高等美術学校などで写真を学びました。清里フォトアートミュージアムへの作品収蔵や、2019年に行われた第21回写真「1_WALL」でのグランプリ受賞、赤々舎からの写真集出版など、目覚ましい活躍で注目されています。日本に来日し言葉でのコミュニケーションが難しい中で、外の世界と繋がるツールとして写真を撮り始めたRyu。彼女の写真は、激しいコントラスト、粗いノイズ、生々しい物質感が特徴で、演じられた世界や人間を切り取った写真が、撮影した作家自身の存在までもが見えるような強いエネルギーを放ちます。

本展は、今年3月に開催されたflotsam booksでの展示「interface approach」をアップデートした展覧会で、「写真とは何か」を常に問いかけ、「人」を撮ることが世界と繋がる第一の方法であり喜びであるRyuの新作インスタレーションとなります。人間そのものを写しとった写真と、人との別れを撮影した写真の2つのイメージが、ギャラリーの中から外へと巡り、埋め尽くし、痕跡を残します。

写真を撮ることは痕跡であり、それは過去となり、自身と写真との別れにもなる、そしてそれは繋がることでもある、と話す作家の新たな表現をご高覧ください。

AD

スケジュール

2021.09.16(木)~2021.10.17(日)

9月20日・23日は開廊

会場の開館情報

13:00 ~ 19:00
月曜休館
入場料無料
展覧会URLhttp://www.nadiff.com/?p=25270
会場ナディッフ アパート
http://www.nadiff.com
住所〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F
アクセスJR山手線・埼京線恵比寿駅東口より徒歩6分、東京メトロ日比谷線恵比寿駅1番出口より徒歩7分
電話番号03-3446-4977

AD

AD