[画像: 岩田藤七《貝》1962年 町田市立博物館蔵]

「町田市立博物館所蔵 岩田色ガラスの世界展- 岩田藤七・久利・糸子 - 」

神奈川県立近代美術館 鎌倉別館
終了しました

アーティスト

岩田藤七、岩田久利、岩田糸子
近代ガラス工芸の礎を築いた岩田藤七(1893–1980)。宙吹き技法によるやわらかな造形に、鮮やかな色彩をまとわせた作品で知られます。
昭和のはじめ、ガラスの生産といえば実用品や切子などが一般的でしたが、藤七は日本の伝統的美意識を引き継いだ大胆な造形を追求し、ガラス工芸を芸術の域に高めました。その長男・久利(1925–1994)は化学的知識を駆使した緻密で流麗なガラスの世界を作り上げ、久利の妻・糸子(1922–2008)は岩田工芸硝子株式会社を受け継ぎながら清新なガラスの大皿などを制作しました。本展では、日本のガラス工芸を拓いた岩田家の作品を町田市立博物館のコレクション約60点から紹介し、制作時のスケッチブックとともに展覧します。

AD

スケジュール

2021.10.01(金)~2021.11.14(日)

会場の開館情報

09:30 ~ 17:00
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館。展示替期間、年末年始は休館
入場料一般 700円、20歳未満・大学生 550円、65歳以上 350円、高校生 100円、中学生以下・障害者手帳提示 無料
展覧会URLhttp://www.moma.pref.kanagawa.jp/exhibition/2021-iwata-glass
会場神奈川県立近代美術館 鎌倉別館
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/
住所〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-8-1
アクセスJR横須賀線・江ノ島電鉄鎌倉駅東口より徒歩14分、鎌倉駅東口より江ノ電バス「八幡宮裏」下車徒歩2分
電話番号0467-22-5000

AD

AD