「没後110周年記念 菱田春草と画壇の挑戦者たち ―大観、観山、その後の日本画」

水野美術館
12月12日終了

アーティスト

菱田春草、横山大観
明治期、朦朧体などの新しい技法を生み出し、それまでなかった日本画のあり方を模索した菱田春草(1874 - 1911年)。時に世間からの厳しい批判にさらされながら、表現の追及を決して諦めなかった彼は、日本画壇における"挑戦者"そのものでした。

本展では、今年没110年を迎える春草を中心に、同時代あるいはその後の画壇を切り拓いた画家たちの表現に焦点をあてます。期間中、当館および長野県立美術館・飯田市美術博物館ほか県内で収蔵する春草作品46点が集結。年に一度、特別展示をする横山大観《無我》や102年振りに公開となる大観・春草《観音・達磨》(新収蔵品)など、前後期併せ76点を一堂に展覧します。

前期:10月9日(土) - 11月7日(日)
後期:11月9日(火) - 12月12日(日

AD

スケジュール

2021.10.09(土)~2021.12.12(日)

会場の開館情報

09:30 ~ 17:30
月曜休館
入場料一般 1000円、高校生・中学生 600円、小学生 300円
会場水野美術館
https://www.mizuno-museum.jp/
住所〒380-0928 長野県長野市若里6-2-20
アクセスJR信越本線長野駅東口より長野電鉄バス(日赤・水野美術館行き)「水野美術館」下車、JR長野駅善光寺口よりアルピコ交通バス(日赤・松岡行き)で「水野美術館前」下車
電話番号026-229-6333

AD

AD