[画像: 井口邨僊・上島鳳山・山田秋坪・岡本大更・北野恒富・水田竹圃 《合作屏風 大津絵》明治-大正時代]

「井口古今堂と近代大阪 - 船場の表具師と芸術ネットワーク - 」

大阪市立美術館
終了しました
井口古今堂は、天保元年(1830)曽根崎に創業し、慶應年間から船場を拠点として5代にわたって活躍した表具の老舗です。住友家、藤田家をはじめ在阪名家の仕事を多数手掛けました。またみずからも画事、煎茶、俳諧などひろく文芸に通じ、コレクターや船場の画家たちが出入りする文化サロンとしての役割をも演じました。近年の調査の成果を踏まえ、井口古今堂を中心とした近代大阪の芸術文化の躍動をご紹介します。

AD

スケジュール

2021.09.04(土)~2021.10.24(日)

9月20日は開館

会場の開館情報

09:30 ~ 17:00
月曜休館
月曜日が祝日の場合は開館し翌日休館、年末年始・展示替期間は休館
入場料一般 300円、高校生・大学生 200円、小学生・中学生・大阪在住65歳以上・障害者手帳等提示と付き添い1名 無料
展覧会URLhttps://www.osaka-art-museum.jp/def_evt/iguchi
会場大阪市立美術館
https://www.osaka-art-museum.jp/
住所〒543-0063 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82
アクセス地下鉄谷町線・地下鉄御堂筋線天王寺駅15番出口より徒歩10分、JR天王寺駅公園口より徒歩10分、近鉄線阿部野橋駅西口より徒歩10分
電話番号06-6771-4874

AD

AD