[画像: View, A River, No.01, 2022 サイズ:H194×W97cm 2022年 顔料、アクリル、その他、キャンバス ©︎Miyuki Tsugami 撮影:三嶋⼀路 Courtesy of ANOMALY]

津上みゆき 「囁く如く」

ナディッフ アパート
12月18日終了

アーティスト

津上みゆき
この度、NADiff a/p/a/r/tでは、津上みゆきの展覧会「囁く如く」を開催いたします。
画家・津上みゆきの作品タイトルに冠された“View”という語は、単に眺めや⾵景だけを主題にするのでなく、⾒⽅や観点という広義を意識した制作に取り組んでいることを⽰しています。⽇々おこなうスケッチを通して、⾒て描くことから導かれる眼前という場所性、⼟地の由縁や歴史を踏まえ、津上の⾵景画は過去から現在までの流れる時間をも表現しています。

本展では、NADiff a/p/a/r/tの近隣を流れる都⼼の川の取材を経た⼤型作品群を、地下のギャラリーにて発表。かつての水脈の気配を感じるひっそりとした地下空間で、川をめぐる現在の風景に土地の歴史を重ね合わせた作品群が迫るように鑑賞者を取り囲みます。また1階の書店空間では、貴重な作家のスケッチブックとともに新作のキャンバスや繊細な紙作品、版画⼯房 エディション・ワークスでこれまでに制作してきた全版画作品も展⽰。作家にとってかけがえのないモチーフとなっているアトリエ脇の早咲きの桜の⽊の様々な時を描いた作品を中⼼に、津上の作品を総覧できる貴重な機会となります。

本展はCADAN有楽町での、津上みゆきの個展「さらさら、ゆく」と同時開催となります。かつて海であったCADAN有楽町のある⼟地についての丁寧なリサーチに基づき⽣まれた⼤作など、新作約15点を展⽰。⼈の住まう街に古くからある⾃然の⽔脈の今の姿と、⼈の⼿でもたらされた古くは海であった多くの⼈々が⾏きかう都⼼のオフィス街。今を⽣きる私たちそれぞれの⾵景と重ね合わせながら、展⽰空間と作品との関係性をも踏まえた両展を、どうぞご⾼覧ください。

[関連イベント]
トークイベント 
津上みゆき × 諏訪敦「リアルの在処」 
日時: 2022年12月9日(金)19:00〜20:30(開場 18:45) 
会場: NADiff a/p/a/r/t 
入場料: 1100円(税込)
定員: 30名
※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

スケジュール

開催中

2022年11月23日(水)~2022年12月18日(日)あと17日

開館情報

時間
13:0019:00
12月17日は18:00まで
休館日
月曜日、火曜日、水曜日
入場料無料
展覧会URLhttp://www.nadiff.com/?p=29258
会場ナディッフ アパート
http://www.nadiff.com
住所〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F
アクセスJR山手線・埼京線恵比寿駅東口より徒歩6分、東京メトロ日比谷線恵比寿駅1番出口より徒歩7分
電話番号03-3446-4977