はじまった!

東京がどんどん面白くなってきている。そこで、我々は私たちの街東京に一番欠けていると感じていたものを作った。言ってみればアート/デザイン増幅器。

In TABからのお知らせ by Paul Baron 2004-10-02

もちろん、東京には多くのアーティスト、アートスペースが紹介はされている、がそれらの情報を得る方法はまだまだ少ない。

このサイトは熱烈なアートファンの人々で東京のアートのすべてを網羅したい人にはもちろん、さらにもう少しカジュアルにアートに興味を持っている多くの人々が家のテレビを消して、街に出て以前より少しでも多くアートの現場に足を運んでもらえるように作り上げました。

またこのサイトをバイリンガルでつくることで、日本人にこのリッチなアート情報を伝えるだけでなく、日本という国境を超えて、海外のアート関係者だけでなく、日本に住む外国人、日本を訪れる外国人にも東京のアートビートを伝えていければと考えています。

このビートをとらえるのは今だ。
Welcome to Tokyo.

Welcome to Tokyoartbeat.

Paul Baron

Paul Baron. 1977年パリに生まれる。2002年、ロンドン芸術大学(London College of Communication)を卒業後、日本のパワフルなビジュアル文化を堪能すべく来日。本田技術研究所でインタラクションデザイナーとして3年間勤務の後、2004年、オリビエと藤高晃右と共同でTokyo Art Beatを開設。現在は、ウェブ&デザイン会社AQ(エイキュー)でユーザビリティ及びインフォメーションデザイナーとして勤務中。オフの時間は、東京のアート展に通い、IKEAのキッチンでケーキ作りを楽しんでいる。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use