New YorkでもTABを

TABはもちろん、東京のアート、デザイン情報サイトですが、このリッチな情報は東京のみなさんだけではなく、世界中に発信しています。

In TABからのお知らせ by Paul Baron 2005-04-29

TABのメンバーの一人がニューヨークを訪れたときに、TABのフライヤーをいっぱい以下の店に置かせてもらってきました。お店のみなさん、暖かいご協力ありがとう。

zakka
reed space
Spoonbill & SugarTown Book Sellers

ニューヨークのアート・デザイン好きのみなさん、どれかの店で、フライヤーを手に入れてから東京に来てください。TABの情報があれば、東京がずっとずっとすばらしいところだと発見できるはずです。

また、TABはフライヤーをおいて頂ける、ギャラリー、美術館、アート・デザイン関係のお店を世界中から探しています。ご協力いただけるというかたはこちらまで是非お知らせ下さい。東京周辺であれば、フライヤーをすぐにもってあがります。そうではない場合も、TABメンバーの誰かが、近くに行く際にはフライヤーをもってお訪ねします。

Paul Baron

Paul Baron. 1977年パリに生まれる。2002年、ロンドン芸術大学(London College of Communication)を卒業後、日本のパワフルなビジュアル文化を堪能すべく来日。本田技術研究所でインタラクションデザイナーとして3年間勤務の後、2004年、オリビエと藤高晃右と共同でTokyo Art Beatを開設。現在は、ウェブ&デザイン会社AQ(エイキュー)でユーザビリティ及びインフォメーションデザイナーとして勤務中。オフの時間は、東京のアート展に通い、IKEAのキッチンでケーキ作りを楽しんでいる。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use