FABRICA LES YEUX OUVERTS 将来を見据えた目

ベネトンが贈る「ファブリカ」の展覧会が日本に上陸

poster for

「将来を見据えた目」展

銀座、丸の内エリアにある
Shiodomeitalia クリエイティブ・センターにて
このイベントは終了しました。 - (2008-01-18 - 2008-03-02)

In Main Article 3 レビュー by Aie Shimoguchiya 2008-02-29

「ファブリカ(FABRICA)」とは、‘94年にベネトンが設立したコミュニケーション・リサーチセンター。文化とビジネスを融合させ、タブーを設けず、革新的かつ国際的に情報を伝えることを活動目的とするこのセンターは、イタリア・ヴェネチア郊外にあり、世界中からクリエーターを迎え入れて作品の制作支援を行っている。

ファブリカの活動に着目したパリのポンピドゥー・センターは、’06年にファブリカ制作の作品を一堂に会して紹介する「FABRICA LES YEUX OUVERTS」展を開催。そしてこのたび、巡回展となって日本に上陸した。

展示作は写真、ビデオ、インスタレーション、映画と形態が様々。なかでも、会場内中央に天井から紐で吊り下げられた何冊もの雑誌「COLORS Notebook」の展示は象徴的だ。

これは国境なき医師団との共同による企画で、全ページが白紙の状態の「COLORS Notebook」3000冊が世界各国に送り届けられ、現地のアーティストや一般の人々の書き込みによってできあがった作品。各地からファブリカに送り返された1000冊のノートブックのなかから選ばれたものが展示される。

中国の囚人、南アフリカの子供たち、カナダの聖職者、宇宙飛行士、様々な国の様々な人による自由な書き込みを、来場者が実際に手に取り、ページをめくって観賞できるようになっている。

国境、文化、社会的立場、性別、年齢、タブー、社会的なあらゆる枠組みを超えたところでなされるコミュニケーション。ここに、ファブリカの理念そのものが集約されている。

展覧会の原題「Les Yeux Ouverts」を直訳すれば、「見開かれた目」という意味。固定概念や決まった価値観に捕らわれず“心を開いて”というニュアンスにも読み取れる。来場者が参加できる対話型の展示作は複数あるので、五感をフルに使って体験してみてほしい。

We are the time. We are the famous  (2005) ©Andy Cameron, Hans Raber, David McDougall, Oriol Ferrer Mesía / Fabrica

Aie Shimoguchiya

Aie Shimoguchiya. 東京都出身。ライター/文筆業。「スタイリッシュ・シネマ」を連載。 http://fashionjp.net/fashionclip/stylishcinema/ ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use