「小袖 江戸のオートクチュール」展

江戸時代の日本人は何を着ていたのか?

poster for

「小袖:江戸のオートクチュール」展

六本木、乃木坂エリアにある
サントリー美術館にて
このイベントは終了しました。 - (2008-07-26 - 2008-09-21)

In Main Article 3 レビュー by Aie Shimoguchiya 2008-08-18

《西川ひな形》享保3年(1718年)松坂屋京都染織参考館蔵
江戸時代の日本人が着用した衣服はなんと豪華であることだろう。むろん庶民層までとはいかないが、貴族階級のみならず、京・大坂などの上方や江戸の富裕な町人の間で、小袖と呼ばれる華やかな模様に彩られた衣服が流行していた。西洋の立体的な衣服とは違って、平面的な和服は、広げるとダイナミックな模様が1面に現れ、まるで1枚の絵画のようだ。それは身にまとう人を美しく見せると同時に、その人の趣味や教養を語るための意匠だった。

本展では、当時の小袖700点あまりが集められ、意匠の別に展示されている。意匠は大きく3つの分野に分かれ、その3つとは、松竹梅や葵、紅葉、菊、桜などの植物模様(季節感を感じさせる)、日用品を表した模様(雅な王朝文化を思わせる)、詩歌や物語を表した模様(源氏物語、伊勢物語の1場面や、文字そのものを描いたもの)であるが、なかでも日用品を表した模様は、例えば洗濯物が干された縁側や、飼い犬が駆け回る様子や、琴などの楽器が描かれ、それを身にまとう人の趣味だとか、人となりのイメージが膨らんでくるから面白い。

《菊模様小袖》江戸時代前期 松坂屋京都染織参考館蔵《楼閣庭園模様帷子》江戸時代中期 松坂屋京都染織参考館蔵

当時の人々は、小袖をすべてオーダーメイドしていたわけだが、その際、最新流行の模様が掲載されたファッションブックである「雛形本」を参考にしながら発注したのだという。発注者は、呉服商を通して職人に作らせ、1枚が実に大変な手間と行程を経て完成する。いっけん贅沢な話のようだが、しかし小袖は、衣服として利用されたその後も形を変えて大切に保管や、きちんと再利用されるのだから道理にかなっている。例えば、襦袢へリメイクされたり、掛け軸となって飾られたり、仏具として寺へ奉納されるなどするのだが、この辺りの生活の知恵といおうか、日本人の古きエコ精神に感心させられる。

さて、展覧会場には、小袖以外にも気になる日用品が展示されている。なかでも衣服に香をたきしめるための道具「伏籠」や、香りを聞き分ける遊び道具「組香」は、日本人が古来から身だしなみのみならず、香りにも敏感であるという繊細な特質を物語っていよう。

Aie Shimoguchiya

Aie Shimoguchiya. 東京都出身。ライター/文筆業。「スタイリッシュ・シネマ」を連載。 http://fashionjp.net/fashionclip/stylishcinema/ ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use