『ねずみくんのチョッキ』初の大規模展覧会:横浜赤レンガ倉庫会場で9月スタート

「ねずみくんのチョッキ」の初の大規模展覧会が横浜赤レンガ倉庫で開催

In Art Beat News by Art Beat News 2020-08-05

1974年に発行されて以来、世代を超えて愛され続けてきた絵本『ねずみくんのチョッキ』。本著の誕生45周年を記念して、初の大規模展覧会「誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界」が、新型コロナウイルスの影響での延期を経て、9月10日から9月27日まで横浜赤レンガ倉庫会場で開催される。

シリーズ累計400万部を超える『ねずみくんのチョッキ』は、現在36巻まで続く人気作。作家のなかえよしを、画家の上野紀子夫妻の共同作業によって、「思いやり」と「ユーモア」をテーマに45年間生み出されてきた。

会場では、シリーズ最新作を含む絵本原画、スケッチなど約150点を展示。また、上野が絵を手がけ、小学校の教科書にも掲載された『ちいちゃんのかげおくり』の原画や、シュルレアリスムの油絵「少女チコ」シリーズの作品なども展示し、上野の絵の世界を紹介。なかえが展覧会のために作成したオープニングアニメーションも上映される。


そのほかにも、来場者が楽しめる工夫が盛りだくさん。小学生以下の来場者には「ねずみくん」のトレードマークでもある赤いチョッキと耳をプレゼント。「ねずみくん」になりきって展覧会を楽しめるほか、フォトスポットや、オリジナルの一冊をつくれる書き下ろし新作絵本『ねずみくんのスタンプ』も会場限定で販売される。

なお本展は、静岡県の藤枝市郷土博物館・文学館や東京都の松屋銀座などを巡回予定。

「誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展」 なかえよしを・上野紀子の世界 展覧会概要
会期:2020年9月10日~9月27日 11:00~19:00
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館2Fスペース
住所:〒231-0001神奈川県横浜市中区新港1-1
入場料:一般 1000円、大学生 800円、高小中学生 500円(※日時指定制、グッズ付き入場券は各+500円)
https://www.poplar.co.jp/pr/nezumikun45th/exhibition/

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use