美術愛住館

新宿エリアにある美術館

poster for 美術愛住館

作家で経済評論家である堺屋太一とその妻である洋画家の池口史子(いけぐち ちかこ)の居所であった館を改装し、2018年3月に美術館として開館しました。コレクションの中核となるのは、日本芸術院会員である池口史子の油彩画です。初期の内向的な人物・静物からカナダに取材した風景画、画家の評価をさらに高めた婦人像、そして近年の明快な西欧風景まで、多彩な展開を見せています。現代油彩画を中心とした企画展も随時開催していきます。

開催中・今後のイベント

現在、イベントの詳細情報はございません。情報をお持ちの方は、こちらまでお送りください。

» このアートスペースの過去イベントのリスト

ミュージアムショップ無し駐車場無しレストラン・カフェ無し図書館無しバリアフリーではない

ホームページ

http://aizumikan.com/

取り扱い作家/収蔵作家

池口史子

開館時間

11:00から18:00まで
月曜・火曜休館
展示替期間は休館、夏期・冬期休あり

入場料

一般・大学生 500円、高校生・中学生・小学生 300円

アクセス

〒160-0005 東京都新宿区愛住町2-5
電話: 03-6709-8895

東京メトロ丸の内線四谷三丁目駅2番出口より徒歩3分、都営新宿線曙橋駅A1出口より徒歩8分

Google map

このイベントに行かれる際には、Tokyo Art Beatで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use