poster for ピカソ館

常設展

スペインの生んだ20世紀の巨匠パブロ・ピカソ(1881~1973)の作品を展示するピカソ館は、1984年に開設されました。ピカソの長女マヤ・ピカソから188点の陶芸作品をまとめて譲り受けたのを機に、日本で初めての私立によるピカソ美術館をつくることになり、さらに油彩、素描、版画、彫刻、金のオブジェ、銀製コンポート、ガラス芸術のジャマイユ、タピスリーと多彩な作品が収集されました。開館後も引き続き素描や版画が収蔵され、今では当館のピカソ・コレクションは300点を越えるほどになっています。「創造と破壊」を繰り返すうちに生まれたピカソ作品を親しく鑑賞していただくことができます。とくに、当館のコレクションの中心になっているセラミックは、ピカソが65歳になってから南フランスにある陶器の町、ヴァロリスの陶房で始めたものです。彫刻や絵画の要素を併せ持つ陶芸を、心から楽しみながら制作していたことが如実に伝わってくることでしょう。

メディア

スケジュール

常設展

アーティスト

パブロ・ピカソ

ホームページ

http://www.hakone-oam.or.jp/ (アートスペースのウェブサイト)

入場料

一般・65歳以上 1600円、大学生・高校生 1200円、中学生・小学生 800円

アートスペースの開館時間

9:00から17:00まで

アクセス

〒250-0407 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121
電話: 0460-82-1161 ファックス: 0460-82-1169

JR/小田急線小田原駅、または箱根湯本駅から箱根登山鉄道で「彫刻の森駅」下車

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use