明和電機 ナンセンス=マシーンズ

NTTインターコミュニケーション・センター

poster for 明和電機 ナンセンス=マシーンズ

このイベントは終了しました。

明和電機は,1993年に土佐正道と信道の兄弟によって結成された総合芸術ユニットです.「社長」「副社長」を名乗り,作品を「製品」,ライブを「製品デモンストレーション」と呼び,テレビやマスメディアへの登場,商品としてのプロダクト制作を行なうなど,これまでのアートの枠組みを越えた活動を続けています.2001年より弟・信道が社長に就任し,2003年には,世界的なメディア・アートの祭典アルス・エレクトロニカのインタラクティヴ・アート部門で準グランプリを受賞,また,パリにおける初の海外ライブでも好評を博しました.
この「ナンセンス=マシーンズ」展は,明和電機の11年にわたる活動の集大成ともいえるもので,これまでに制作された「魚器(NAKI)シリーズ」,「ツクバ(TSUKUBA)シリーズ」,さらに,新シリーズ「エーデルワイス」の新作が発表され,より完成されたその世界観が提示されます.これらユニークかつナンセンスな機械の数々が一堂に会し,さらには「明和電機のある暮らし」などのコンセプトやストラテジーなどが紹介され,明和電機の全貌が明らかにされます.

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2004年11月03日 ~ 2004年12月26日

アーティスト

明和電機

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use