杉本博司:時間の終わり展

森美術館

poster for 杉本博司:時間の終わり展

このイベントは終了しました。

杉本博司(1948年生まれ)は、この30年間に世界のアートシーンにおける有数のアーティストとしての地位を確立してきました。彼の写真は、その完成された美によって私たちの心を瞬時に捉えます。また、時間、場所、文化や歴史を通して、物事の本質を追求する独自の視点は、つねに国際的な注目を集めています。
「杉本博司:時間の終わり」は、1975年から2005年に制作された杉本の代表的なシリーズが初めて一堂に会する回顧展です。森美術館で開催の後、ワシントンDCのハーシュホーン美術館・彫刻庭園ほかに巡回します。 現実と虚像の間を視覚が往来する《ジオラマ》や《肖像写真》、映画1本分の長時間露光による《劇場》、世界中の水平線を撮り続ける《海景》から、20世紀の代表的な建築を無限大の倍の焦点で撮影した《建築》、最近作の《影の色》、《観念の形》まで、新作・未発表作品を含む約100点を総覧いただけます。
また、写真や光から派生して、近年は建築空間にも強い関心を持つ杉本は《護王神社—アプロプリエイト・プロポーション》、《影の色》で被写体となる空間を自らデザインしたように、本展全体の展示デザインも手掛けています。 会期中《海景》を展示する漆黒の空間には、能舞台が配置され、杉本舞台美術による能公演も予定。 コラボレーションとして、サウンド・アートの分野で世界的に活躍する池田亮司によるサウンド・インスタレーションもお楽しみいただけます。 杉本博司の探求心と創造性の全貌を、「杉本博司:時間の終わり」で堪能していただけることでしょう。

メディア

スケジュール

2005年09月17日 ~ 2006年01月09日

アーティスト

杉本博司

Facebook

Reviews

Aneta Glinkowska tablog review

Hiroshi Sugimoto "End of Time"

As I was exiting the first room of the Hiroshi Sugimoto show, End of Time at the Mori Art Museum in Tokyo, I became aware of a slight tension in my head, the kind I remember from the sixth grade when working on a lengthy, puzzling but pleasant math homework.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use