ジャン・プルーヴェ展

D-秋葉原テンポラリー

poster for ジャン・プルーヴェ展

このイベントは終了しました。

20世紀の建築家・デザイナーの中でも、フランス人のジャン・プルーヴェ(1901-1984)は、徹底したものづくりの思想と精緻な技術から、世界中の多くの人々の関心を惹きつけています。彼の仕事は、ペーパーナイフから照明器具、家具、建築のファサード部分、工業化建築、モジュールを用いた建築システム、大規模なホールにいたるまで、きわめて広範囲に及んでおり、ル・コルビュジエをはじめ同時代の卓越した建築家や芸術家たちから圧倒的な賞賛を集めることになりました。彼のデザインは、工業的な量産システムの開発を進めながら、一品生産とでもいうべき手の痕跡にこだわり、新しい時代のエンジニアリングと職人的な技を結びつけた類まれな質を誇っています。アール・ヌーヴォーの中心地ナンシーで育ち、鍛冶職人としてスタートを切ったプルーヴェは、その後、家具の工場生産、建築部材のプレファブリケーション、建物の工業的生産を手がけていきます。彼自身、デザイナー、企業家、製作者として顔をもち、建築と生活環境の近代的、革新的な解決を見出すという目的に駆られて大奥の作品を世に送り出しました。彼は自分をつねに「建設者」とみなし、形態のデザインは二次的な役割しか認めていません。彼の主要な目的は、有用性と材料の論理、そして経済性を、工場生産のさまざまな条件と融和することにありましたが、それにもかかわらず獲得されたデザインの美しさは見る人をして驚きを覚えるでしょう。今日、レンゾ・ピアノ、ノーマン・フォスター、ジャン・ヌーヴェルなど多くの現代建築家が彼を師と仰ぎ、その作品から多くの発想を得ています。
ドイツのヴィトラ・デザイン・ミュージアム、慶應義塾大学デザイン・ミュージアム・ファクトリー・コンソーシアム、ドイツ建築博物館と共同で制作された本展は、昨年度の鎌倉展に引き続き、今回は東京に場所を移して大掛かりな展示を行い、首都圏の人々に現代デザインのあるべきかたちについてメッセージを発し続ける予定です。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2005年09月06日 ~ 2005年10月23日

アーティスト

ジャン・プルーヴェ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use