大陸を越えて対話する建築 Extreme Eurasia Transcontinental Architectural Dialogues

スパイラル

poster for 大陸を越えて対話する建築 Extreme Eurasia Transcontinental Architectural Dialogues

このイベントは終了しました。

「人生の“わざ”と智恵を分かち合う」をテーマにした2005年愛知万博スペインパビリオンとの連動イベント。ユーラシア大陸の両端に位置する、スペインと日本が、大陸を横断し、建築を媒介とした対話を実現させようとする試みです。現在、世界の建築シーンの中でもひときわ存在感を示す、日本とスペインの現代建築。各々の国において中心的な役割を担う45才以下の建築家達を両国から選出、各10組選ばれ、10組のペアを組みインスタレーションを行います。アバロス&ヘラロス、foa、アトリエ・ワン、隈研吾、坂茂など、両国を代表する建築家10組のペアによる共同作品が展示されます。
「シリンダー」、「キューブ」を基本の枠組みとしてダイアローグ形式で作品制作を進めていく過程で、それぞれの作品へのアプローチの違いや、素材への取り組み、建設システムの違いといったものなど、互いの相違点や類似点などを認識し、共同しつつもコントラストをみせる作品が展示されます。
また、会期中、同展キュレーターであるスペインの建築評論家、ルイス・フェナンデス・ガリアーノをモデレーターとした日本とスペインの出展建築家によるシンポジウム「Transcontinental Architectural Dialogues」を開催予定。

メディア

スケジュール

2005年07月01日 ~ 2005年07月24日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use