小林古径展

東京国立近代美術館

poster for 小林古径展

このイベントは終了しました。

小林古径(1883-1957)は再興日本美術院を舞台に活躍し、近代日本画の展開に中心的な役割を果たしました。作品は無駄を省いた線描と清澄な色彩を特徴としますが、対象を徹底的に純化した品格のある表現には、日本画の伝統を土台にした近代的な表現がうかがえます。この展覧会では代表作を網羅し、下絵、素描をあわせて、その画業の軌跡をたどります。

メディア

スケジュール

2005年06月07日 ~ 2005年07月18日

アーティスト

小林古径

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use