岡本太郎の視線

東京都写真美術館

poster for 岡本太郎の視線

このイベントは終了しました。

東京都写真美術館では総合開館10周年を迎えた平成17年の締めくくりとして、「写真展・岡本太郎の視線」を開催いたします。 「昭和」「高度経済成長」「爆発」と、さまざまな言葉と結びつき、現代の人々へ力強い精神的影響を与える芸術家・岡本太郎。彼は1930年代のパリ滞在中にブラッサイやマン・レイなど多くの写真家と交流し、帰国後も土門拳、渡辺義雄ら写真家たちと玄人でも素人でもない立場から対談や批評を繰り広げました。また、1950年代から60年代の日本列島を取材し、時に原初的で野太く、あるいは現代も構築し続けるべき「伝統」として日本と日本人の姿を写真に収め、文章を添えて発表。21世紀の現在、これらの写真が再び注目を集めています。 本展は拡大されたフィルム(スリーブ)から岡本が捉えた視線、雑誌や著作へ発表された言説から、岡本太郎と写真の関係をつまびらかにする試みです。

メディア

スケジュール

2005年12月24日 ~ 2006年02月18日

アーティスト

岡本太郎

Facebook

Reviews

Bunmei Shirabe tablog review

写真展 岡本太郎の視線

「岡本太郎と写真」、この結びつきは、ほんのつい最近注目され始めたばかりのものである。本展覧会は、その新たな結びつきを非常に丹念に紡ぎ、重厚感のある展覧会としている。岡本太郎の写真に関する言説から、使用したカメラの機種にまで渡って、一つ一つ調べ上げている。単なる作品の展示というよりも、むしろ一つの「研究」発表とでも呼べるものかもしれない。

Makoto Hashimoto tablog review

岡本太郎の視線

画家、彫刻家としての岡本太郎は、第1回シュルレアリスト・パリ展で発表した《傷ましき腕》や大阪万博の《太陽の塔》であまりにも有名であるが、彼はまた世に多くの文章と写真も残している。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use