亀倉雄策 日本デザイン界を牽引したパイオニア

ギンザ・グラフィック・ギャラリー

poster for 亀倉雄策 日本デザイン界を牽引したパイオニア

このイベントは終了しました。

ギンザ・グラフィック・ギャラリー2006年の幕開きは、<亀倉雄策 1915-1997 日本デザイン界を牽引したパイオニア>展を開催いたします。
日本デザイン界とともに歩んだ亀倉雄策は、東京オリンピックや大阪万国博覧会のポスターを手がけた日本を代表するグラフィックデザイナーです。戦前は写真界・デザイン界の梁山泊「日本工房」で活躍し、戦後は数々のポスターやロゴマーク等で国際的に高い評価を受け、また日本宣伝美術会(日宣美)や日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)の創設に尽力するなど、日本デザイン界の中心として活動し続けました。彼の足跡は、そのまま日本デザイン界の歩みと重なります。
本展は、未公開の戦前作品を含む約170点を通じて、亀倉雄策の足跡をたどる本格的な回顧展となります。
また、展覧会にあわせて、亀倉雄策のデザイン論と自伝的エッセイを収録したgggBooks 別冊−4『亀倉雄策 1915-1997』(定価:2,300円+税)を刊行します。

ギャラリートーク:「バウハウスへの憧れ——亀倉雄策と新建築工芸学院」
出演:川畑直道(デザイナー)+ 梅宮弘光(神戸大学助教授/日本近代建築史)
日時:1月19日(木)18:30−20:00 先着70名様 入場無料
会場:DNP銀座ビル5F
*参加ご希望の方は、(tel:03-3571-5206)までお申込みください。

メディア

スケジュール

2006年01月11日 ~ 2006年01月31日

アーティスト

亀倉雄策

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use