江戸狩野派ってなに?

板橋区立美術館

poster for 江戸狩野派ってなに?

このイベントは終了しました。

「江戸狩野派」とは、どのような絵師集団だったのでしょうか? 本展では、当館の古美術コレクションの中心である江戸狩野派による作品を一挙に公開し、その実体に迫ります。
江戸狩野派は、狩野派の始祖・正信以来、京都に本拠地を置いていた狩野家を、徳川幕府の開府とともに江戸に移した狩野探幽によって、創始されました。従来、粉本主義によって想像力を失った画派であると思われてきた江戸狩野派ですが、近年の調査により多彩な変容を遂げていたことが判明しつつあります。
本展では、そうした江戸狩野派の実体をわかりやすく解説し、作品の題名なども現代風に改めて紹介します。また、本物の屏風を間近に鑑賞できる「お座敷コーナー」も設けました。ともすれば難しくとられがちな「狩野派」ですが、楽しくご覧いただけるようにさまざまな工夫を凝らした展覧会です。本展を通して、少しでも狩野派の画家たちに親しみを持っていただければ幸いです。
前期:2005年4月23日(土)〜5月29日(日)
後期:2005年5月31日(火)〜7月3日(日)

メディア

スケジュール

2005年04月23日 ~ 2005年07月03日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use