ベルナール・ビュフェ展

損保ジャパン東郷青児美術館

poster for ベルナール・ビュフェ展

このイベントは終了しました。

第二次世界大戦後のフランスで活躍した社会的リアリズムの画家ベルナール・ビュフェは1928年にパリで生まれました。ビュフェは10歳頃から絵を描き始め、1944年の16歳でエコール・デ・ボザールに入学するも母が死去したことにより退学し、1945年よりルーヴル美術館に毎日のように通い、レンブラント、ドラクロワ、クールベなどから影響を受けました。1948年の20歳のときに「批評家賞」を受賞し、当時隆盛を極めていたアンフォルメル(不定形抽象)に対抗する具象絵画のプリンスとして注目されるようになりました。
 ビュフェの力強く鋭い描線で捉えた作品は、戦後の荒廃したフランス社会での人間の孤独や疎外、不条理を代弁するものとして多くの共感者に受け入れられました。1960年以降になると黒を基調としながらもカラフルな色彩を使用するようになり、クールベやヴラマンク風の力強い風景画を制作するようになります。1980年以降には確立した画風のなかで、落ち着いた風格と生涯追い求めたアイロニーや人間の本質を捉える鋭さが感じられる作品を制作し、最晩年になると「死」を意識した作品を制作するようになりました。 
 本展は、静岡県長泉町にあるベルナール・ビュフェ美術館所蔵の代表作を「人物画」「風景画」「静物画」の3つのジャンルに分け、画家として制作を開始した1945年の《父と息子》《台所》から亡くなる前年である1998年の死を予告した《死よ万歳》までの作品約70点で、50年に及ビュフェの偉大な画業の功績を回顧します。

メディア

スケジュール

2005年07月23日 ~ 2005年08月28日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use