スイスポスター100年展

ギンザ・グラフィック・ギャラリー

poster for スイスポスター100年展

このイベントは終了しました。

スイスのポスターが、装飾美術の分野で果たした貢献は、多大なものがあります。この一世紀にわたり、様々な文化の影響を調和させながら、個性あふれる作品が数多く生み出されました。1895年にジュネーブで始まったスイス近代ポスターの歴史は、アール・ヌーボーの影響を強く受け、一方、ドイツ語圏では、非常に質の高い観光ポスターが作られました。構成主義とバウハウスの影響が、スイスのグラフィック芸術に強く浸透し、1945年以降、モダンさと明晰性を備えるメノイエ・グラフィークモが、世界的な成功を収めました。一方、従来の装飾的スタイルも健在で、商業用ポスターとして発展しました。その後、この二つの流れが、長い間、スイスのポスターアート界を支配し、1970年代に入ると、グラフィックデザイナーたちは、よりイラスト的な要素を作品の中に取りこみ、異なる分野の芸術家たちも、躊躇なく自分たちの手法をたずさえて参画してきたのです。今日、スイスのポスターアートは、さらなる飛躍を求め、バイタリティーに溢れる挑戦の道を歩みつつあります。

ギャラリートーク
日時:2005年12月2日(金) 4:00−5:30pm
出演:ジャン=シャルル・ジルー
会場:DNP銀座ビル5階会議室 定員70名 事前要予約・入場無料
*参加ご希望の方は、ギャラリー受付までお申し込み下さい。

メディア

スケジュール

2005年12月02日 ~ 2005年12月22日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use